バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

ED治療薬の代名詞的存在であるバイアグラが販売された当時、バイアグラ関連の事故が報道されることが多くありました。そのため、バイアグラは非常に優れた効果を発揮する反面、副作用が強く激薬というイメージが定着してしまいました。

飲むべきではない人が飲むと命に係わる可能性があるバイアグラですが、無理な飲み方さえしなければ安全に使用できるとされています。そのため、今では医師の処方が必要になっています。したがって、医師の指導の下で正しく利用すれば安心して服用することができます。

現在でも110ヶ国で使用されていますし、さらに「世界中で安全が認められた治療薬」とも言われていますからね。このことからも安全性は証明されていると言っても良いでしょう。

しかし主成分に化学薬品を使用しているため副作用は避けることはできません。

研究によると医師の指導に従って服用した人のうち副作用が発現したのは約5%に過ぎなかったという結果が報告されています。

火照り約2.5%、視覚障害約0.5%、頭痛約0.5%、そして動悸約0.4%という内訳になっています。安心して使用することができるとは言え、数字は低いものの副作用が出る可能性はゼロではありません。

バイアグラは大きな副作用がある治療薬ではないものの、それは医師の診断を受けて正しく使用することが条件なのです。