低用量ピルは、避妊だけじゃない!

低用量ピルは、避妊だけじゃない!

避妊といえば、まず思い浮かぶのはコンドームではないかと思います。しかし、その他にも、「低用量ピル」での避妊方法があります。低用量ピルというとまだ日本では普及してないのでなかなか飲まれている方は少ないのではないでしょうか。低用量ピルと聞くとどうしても悪いイメージが付きまとい飲もうという気になれないのが正直な思いだと思います。
今回は、昔からある悪いイメージや間違った誤解を払拭するために低用量ピルのメリットついて紹介します。
まず、低用量ピルを使用している女性は世界でどのぐらいいると思いますか?実は、世界180カ国で約9000万人の女性が使用しています。中でも10代後半〜20代では70〜80%もの女性たちが使用していると言われています。しかし、日本では使用している女性は全体の4〜5%とまだまだ少人数なのです。
なぜ、海外では人気が高く日本ではここまで普及していないのでしょうか。それは、低用量ピルのメリットが浸透していないことが原因だと思います。低用量ピルは、避妊するだけではなく女性ホルモンバランスを整え生理痛を軽減し、さらに生理不順を改善する効果があるのです。さらに、最近では肌荒れを改善する美肌効果があり卵巣がん、子宮体がんのリスクも減少させるといったことが分かってきました。
なんといっても、避妊率はコンドームが97%に対して、低用量ピルの避妊効果は99.7%、つまりほぼ100%なのです。このように低用量ピルには、女性にとってのメリットがたくさんあるのに日本ではあまり浸透していないのは勿体無いことではないでしょうか。
ピル(低用量ピル)の総合サイトにさらに詳しいことが書かれていたので合わせて読んでみてください。